昨日は、日中サッカーの練習の後、時間できたので前々職でお世話になったO百貨店のホテル催事「エクセレントバザール」に顔出してきました。

ホテル催事って言葉、多分百貨店経験者じゃないと分からないですよね。百貨店が近くのホテルの宴会場を貸し切って、そこへお店の上得意様を呼んで買ってもらうといった特別セールのことです。昔は各百貨店も独自に海外から仕入れたりしていたので、その在庫処分の場としてもこういったホテル販売会が活用されていました。

O百貨店の場合、開催場所はグループ会社が経営しえいるハイアットリージェンシー東京の地下宴会場全部。家に帰って、カレンダー見てみたらやはり仏滅でした。仏滅以外だとホテルの場合、婚礼などの宴会が入り貸してくれない場合があります。その点、仏滅は会場が安く取りやすいといった大人の事情があります。

ただ、会場費が安くなるといっても、前日21時以降に設営のため借りてるのでおおよそ1泊2日の計算になり、確か1,000万前後だったと思います。以下がざっとの収益性です。

売上100,000千円。粗利(益高)25,000千円。経費20,000千円。営業利益5,000千円。経費を2千万で押さえた場合、1億越えでやっと利益が出る計算です。私居た時は、130,000千円くらい売れてたかな~~。今はどうなんでしょうか。昨日は夕方にお邪魔しました。16時であの雰囲気だと、行って110,000千円ってとこでしょうね。20年近く同じことやってたので、感覚で売上予想できます。

といったことで、私も下着やらワインやらで2万ほど売上貢献して来ました。食品でお世話になった〇藤ハムの課長さんや店長さんにも会えたので、それはそれで楽しかったです。

ただ、唯一気になったのが、会場運営しているスタッフ(社員)の顔に覇気がまったくなかったこと。業界の今が顔に出ちゃってますよ~~~。これだと、数年後には、店ホントに無くなっちゃいそうな雰囲気でした。是非今居る社員の方々には頑張って欲しいと思います!