こんにちは、塙です。いや~、ドラマのノーサイドゲーム、良かったですね~。浜畑~~~~!てな感じで、ベタなチームワークドラマなんですが、さりげなく熱男の私にとっては、毎回号泣させていただきました。

というわけではないですが、今日は大泉洋になり切って話したいと思います。その選手に思いが伝わればいいのですが…

今日、とあるチームのGMとして監督とともに、ある選手に「少し1年くらい2軍で調整したらどうだ?」とミーティングをしました。その選手は、非常に粗削りでありますが、光るプレーを随所に魅せる”磨けば光る”逸材でした。監督も私も期待して見守ってきましたが、ここ近年は自費でプライベートコーチをつけ、「自分はこのレベルで戦う選手ではない、もっと上のレベルに行けるはず」と、大阪なおみばりに新しい練習法を聞いてはそれを取り入れているような選手でした。

私たちが通知した言葉に対して、その選手から返ってきた返事は「このチームで2軍にいくようなら、自分はチームを離れます。来てくれというオファーがある訳ではないですが、とにかく辞めます!」と、相変わらず今でも自分が1軍のエースであるかのような返事でした。さらには、「今チーム状況は上向いてます、だから自分にチームを任せた方がよい結果に繋がりますよ!」と、球団記録の2千連敗しているのが自分のせいだとは気づいていない様子。さすがに確認の意味で聞いてしまいました。「この2千連敗について君はどう感じているか…」と。そこで返ってきた答えも「今は仕方ないですね…」って。

違うって!君が暴投ばかりしてるから負けてるんだって!君がチームを大切に思わないからから負けてるんだって!周りの力を信頼しないから負けてるんだって!

人生には、その年年において色々な場面があると思います。音楽に熱中する時代やはたまた女性だったら子育てに時間を取られる時代など。この選手は、そういったすべての場面で、自分が認められないと逃げて来て育ったんだと思います。自分に非はない、自分の能力を引き出せなかったチームやスタッフが合わなかったんだと…

結果、すべて中途半端に終わる。っていうか逃げ出して諦める。一生懸命やっているフリだけはするけど、自分以外誰も幸せに出来ないしチームにも貢献できない。もしかしたら、自分すら幸せじゃないと感じている悲しい選手です。ほんと、今まで私から見てもいい指導者ばかりだったのに。自らその指導者を解雇したり…

今回私はGMとして、この選手の2軍行きを提案しました。理由は簡単です。どんなチームでも言うように、私はチームが勝つための仕事をしている。「その選手がチームに貢献出来ないなら外すだけ」。もちろんプレー以外の貢献度も考慮しますが、基本的には”この選手を使って勝てるか勝てないか”が全てです。アマチュアではない、プロフェッショナルですから。チームを勝ちに導けない選手は 使わない。当たり前のことです。

この選手の次のステージでの活躍を期待します。ただ、今まで日本一になった選手やオリンピックに出た選手を何人も見てきた私から言わせてもらいます。「今のままでは、どこの世界でも通用しないって!すぐに化けの皮がはがれるって!そうなる前に、今は悔しいだろうけどもう一度しっかり基本練習を行いなさい!そして足腰強くしてから、また戻ってきなさい!」って。今付いているのコーチがそこまで指導出来るレベルならいいんですけどね。ちゃんとケツ持って面倒みろよっ!って感じですかね。

一人でもうちの学生が見てくれて、こうはならないようにしよう!と気づいてくれればそれで充分です。いや~~~、もったいない選手でした。大泉洋なら、この選手を説得できるんだけどな~~~。私にはそこまでの力量はありませんでした。残念!これにてノーサイドかな。お後がよろしいようで…