こんにちは、塙です。ラグビーW杯盛り上がってますね。大学時代、サッカーとラグビーはグラウンドが隣同士だったので、よく一緒に遊んでました。普通にパスくらいは投げられます、もちろんドロップゴールだって狙えますよ!

さて、先日北アルプスの奥穂高岳に登ってきました。長野の松本から上高地に入りそこから登るのですが、ほぼ丸2日スマホの電波が入らない環境でした。(ソフトバンクだからですかね~)

現在弊社は、企業の営業支援やコンサルティング、販売代行など色々とやらせていただいているのですが、それほど体制も整っておらず、正直昼夜問わず来た仕事をさせていただいている状況です。それも、その窓口がすべて私となっているので連絡がつかないイコール仕事が進まなかったり、事故の対応がとれないっといった事態に陥ります。

そんなことを考えながら、たまに偶然入る電波で電話着信やメール着信、はたまたラインでの連絡など途切れ途切れの連絡があり、どう対処しようか焦っていました。そうなんです、焦っていたんです!3連休明けの火曜日というのも最悪でした。いつも以上に連絡が多く入りました。かなり焦っていました、「おい何も出来ないじゃんって」

本来山を楽しむ人は、”日ごろの喧騒を忘れ自然に包まれることを楽しむために来ました””なんで、携帯も何かあった時に見るだけで、ずっとリュックに入れっぱなしです”って感じの人が多くいます。そうなんです、みんなあえて何もしないんです。

奥穂高岳からの日の出。下はすべて雲海に包まれ。やっぱり綺麗

この気持ちの持ち方って、何なんでしょうか。同じ山にいるのに、焦っている自分とゆとりのある他人(笑)よく呑みながら後輩やら学生には、「オンとオフを使い分けろ!メリハリつけろ!」なんて言ってますが、自分が一番出来てないタイプです。昔っから、そういう考えはぬぐい切れていません。人より走れば何とかなる!人の倍働けば偉くなれる!など、常にプライベートよりもを疎かにしていたのかも知れません。(いやいや遊んでばかりだっていう人もいそうですが)

この間、ラジオでも言ってました、日本以外の国の人は遊ぶために仕事している人が多いと。ほんとにそう思います、先日夜の新宿でワールドカップを純粋に楽しみに来日している外国人なんかを見ると羨ましく思います。私もいつになったらそういったゆとりを持った生き方ができるんだろう。あと、10年くらいかな~。だって今でもやりたいことが沢山ありすぎてるんだもの。

昨日呑んだ新宿西口小便横丁。どの店も客の8割外国人!

まあ、今回は自分が設定したタイミングが良くなかったということで。今度暇な時に山に行きたいと思います。いつ暇になるんだろう。それまではひたすら走ろう!