このところ、色々な立場の方と仕事させていただいて感じるのですが、

連絡に対するレスポンスだったり、返し方だったりってとても重要だと思います。

社内ではある程度自分の仕事の進め方というのは、周りも理解しており

上司・部下ともにある程度の“想定範囲内”のレスポンスがあるのが常ですが、

こと一般社会に出るとそうとは限りません。

先日もとある取引先へメールを入れたのですが、3日経っても返信がありません。

そこで、メールが届いているか確認の電話を入れて初めて、

「すいません、ここのところ忙しくて返信できずに…」って。

そんなに忙しいことってありますか?それとも忙しいっていうレベル自体が

私の感覚と違うのでしょうか?

私の“忙しい”は、「食事や休憩を取る暇がなく、1日18時間以上常にダッシュしながら

働いている状態」です。彼の業務がそれほど忙しいとは思えないのですが。

彼にとっては、お昼休憩が5分削られることが“忙しい”状況かもしれません(笑)

相手に対して、返信のメールを入れる5分が取れないほど、本当に忙しいのでしょうか?

大体私の経験則上、そういった人物に限って自分のペースで仕事をしており、

クライアントやお客様に目を向けていないことが多かったりします。

それだけでなく、周りとリズムが合わないなど自分本位な方が多いような…

かと言えば、いつ電話やメールをしても、明るく返信いただく方もいらっしゃいますよね。

そういった方と仕事をすると、こちらまで元気をいただけます。

 

以前、上司からこんな言葉をもらいました。

「忙しいっていう字は、心が亡くなるということだ。そんな仕事だけするな」と。

その通りですね。どんな状況でも心をきちんと保って全ての人に対応していきたいですよね。

こころが通っていい仕事につながると確信してますので。

 

先日、偶然この時刻を目撃!運気の上がりそうな画面です。