このところ日ごとの寒暖差が大きく、なんとなく体調がすぐれない塙です。東京の桜も開花宣言は出たものの、昨日の雪や今日の寒さなどでまだ3分咲き程度になっています。

弊社もご多分に漏れず、3月末で年度切り替えとなり4月から設立6期目となります。21年度は、リアル店舗ワセダ食堂をオープンさせ、どう商売を行っていくかを模索して終了した1年となりそうです。1年経ってのこれからの方向性…引き続き模索し続けます。ただひとつ来期しっかりと行っていきたいのが数値管理です。本年度は新型コロナの影響もあり、色々な形で補助金や助成金に助けられた一面もあります。しかしながら、それを期待したことによってベースの商売が本当に成り立っているのか、あいまいになってしまいました。商売をされている方なら想像つくと思います。日販5万行かない店舗で商品すべて買い取り、人件費と場所代払って…となると、どうやって利益を上げてるのか不思議に感じるのが当たり前だと思います。前ありましたよね、「どうして町の布団屋は潰れないのか…」といった話が。

来期は店舗での収支にもこだわる。そのためには、やはり”身の丈にあった経営”というのが一番のように思います。理想や期待ではなく、今の現状や戦力をしっかり見て選手起用や戦術を変えていかなくてはいけないのかも知れません。なんか、プロスポーツのチーム経営と似てますね。そう考えると、日ハムの新庄監督の起用や采配も合点いくような気がします。

今期も後10日程度、しっかり〆るとともに来年度に向けた良い準備をしたいと思います。

PS.先日友人の紹介で初めて占いに行ってきました。もちろんビジネスでの相談?です。結果としては、私には占いはあまり向いてないような…占い師さんが責任とってくれるわけではないし、最終的には私が判断することなので。しかし、人に話すことによって気持ちが整理されますよね。あれはあれで良いかなとも感じました。